« デジタル8色で描く その2 | トップページ | 久しぶりのオセロ »

2012年2月18日 (土)

レトロペイントBASICジェネレータ バージョン2

レトロペイントBASICジェネレータをバージョンアップ
今まで(初期バージョン)のは、遅くて使いづらかった。

詳細はコチラ

・・・で、以前手を抜いて描いたヤマト(バージョン1で作成)

20111218yamato

初期バージョンだと、拡大表示(&描画)や背景は単なる透過機能だけだったので、細かな箇所を書くのが苦手でした。

バージョン2で、拡大と背景読込が可能となり精密な絵を描けるようになりました。

・・・・で、実際に描いてみた。

しかし、レトロパソコン(今回もFM77AV用F-BASIC3.4)では、今回のはメモリ不足で読めません。

F-BASIC3.4の使用可能メモリを計算すると、800行程度しか読めないようです。
今回、描いたヤマトは1251行でした。全然足りませんね。
(マルチステートメントにしたところで、たかが知れています)

そんな「ヤマトの描画プログラム」をダウンロード

せっかく描いたモノが(レトロパソコンで)見れないのは残念すぎる・・・・

なので、レトロペイントBASICジェネレータ(以下「自作ツール」)で保存された別ファイル(CSVファイル)を直接読み取りながら描画を行う方法にしました。

以下はF-BASICで作ったです。(多分、どのBASICでも殆ど変更なしで動くような気がしています)

「DREWCSV.txt」をダウンロード

このプログラムによって描画を行いました。
(ファイルからの読み取りなので、遅いです)

20120218yamato

結構、良く描けている・・とは思いますが、良く見ると結果が違っていたりします。
(紫の点が所々ありますね。これは自作ツールを使用した場合にはありません)

これは、自作ツールでの線描画と、F-BASICでの線描画のアルゴリズム(や計算)の違いによるものです。

以下は自作ツールで描いたヤマト

20120218yamato2

始点と終点は一致していますが、それへのルートが微妙に異なる訳です。
これによって、塗られるべき箇所が塗られなかったり、その逆もあったりします。

この辺りは、もう「しようがない」とあきらめ・・・・る?

|

« デジタル8色で描く その2 | トップページ | 久しぶりのオセロ »

自作ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロペイントBASICジェネレータ バージョン2:

« デジタル8色で描く その2 | トップページ | 久しぶりのオセロ »