« レトロプログラミング 疑似スプライトルーチンの作成【ポケコン】 | トップページ | X1でゼビウスを作り始めた »

2014年10月26日 (日)

BASICプログラミングに戻ってきた。【Windows版ポケコン風リバーシ】

ポケコン(PC-G850)版リバーシも(とりあえず)完成しました。
(AI部と表示部を機械語、BASIC部分は速度に問題の無い箇所だけになっている)
 
しかし、ほとんどの多くの人が持っていないだろうポケコンなので「自分で作って自分で遊ぶ」スタイルは、当時のままですね。
せっかく作ったのだから、少しでも多くの人に使ってもらいたいのは心情です(?)
なので、以下の3案で検討してみました。
 
【方法1】
 
  Web上で動作させる。
  →オール機械語にする事により(Version0さんのエミュレータアプレットを使用する事で)可能
 
  メリット
  あまりプラットフォームに依存せず、多くの人が使える。
 
  デメリット
  オール機械語にするのがメンドクサイ
  それでも実行時の処理速度が遅い
  今後、(強く)改善したい場合に(Z80のコーディングでは)「サクッと作れない」
 
【方法2】
 
  Windows版として作り変える。
  →Z80部分をエミュレートさせる。
 
  メリット
  Z80で作ったAI部分を作り変える必要がない。
  (しかも、自分自身としてやった事が無いので、面白そう)
  今後、ポケコン版を改版した場合でも何も変更せずにWindows版としても利用できる。
 
  デメリット
  処理速度が犠牲になる。(方法1よりは速いが)
  今後、(強く)改善したい場合に、(Z80のコーディングが必要)「サクッと作れない」
  Windowsのみ(方法1に比べると使える人が少なくなる)
 
【方法3】
 
  Windows版として作り変える。
  →全てをActiveBasicで作り変える。
 
  メリット
  BASIC(ActiveBasic)なので、分かりやすい。
  今後、(強く)改善したい場合に、ラクチン!
  処理速度に期待できる。方法1、2よりも速い
 
  デメリット
  全てを作り直す事になる。
  Windowsのみ(方法1に比べると使える人が少なくなる)
 
検討の結果、方法3でいくことにしました。
これは、Windows版のスペシャルバージョン(レベル)の設定が可能だからです。
ポケコンと同一の評価関数で、どこまで深く読めるのかを確かめたかったという理由です。
(どこまで強くすることが出来るか・・・です)
やはり、久しぶりのActiveBasicですが、ほんとラクチンです!
(機械語に比べると・・・・です)

・・・・と云うわけで、Windows版は簡単に作れました。

よろしかったら、お試し下さい。
Windows版ポケコン風リバーシ ダウンロード
 
Screenshot
 
 
Windows版スペシャルのレベルSを作りましたが、想定していた通りの強さ(読みの深さ)でした。
ポケコン版と比較すれば、かなり強くはなりましたが、枝狩りのアルゴリズムと評価関数がショボイので、他の強いと言われているリバーシソフトと対戦すれば、ぼろ負けは必至です。
 

|

« レトロプログラミング 疑似スプライトルーチンの作成【ポケコン】 | トップページ | X1でゼビウスを作り始めた »

リバーシ・オセロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502190/60545121

この記事へのトラックバック一覧です: BASICプログラミングに戻ってきた。【Windows版ポケコン風リバーシ】:

« レトロプログラミング 疑似スプライトルーチンの作成【ポケコン】 | トップページ | X1でゼビウスを作り始めた »