« ブレーキキャリパー(リア) オーバーホール 2015年9月12日 | トップページ | キャラの描画色変更 【X1でゼビウスを作る】 »

2015年9月21日 (月)

勝浦の祭 墨名区【燃え尽きた、真っ白にな】

勝浦の祭りに今年も参加してきました。

現在の住居は勝浦市ではありませんが、生まれ故郷が勝浦なのです。つまりビジター参加です。
私は3人兄弟(男3人)の長男なのですが、2番目だけが勝浦に住んでいるので3番目と私とがビジター参加です。
そして我が墨名区の祭りは、9/18日と19日です。
 
18日
 
あいにくの雨です。
宮出しは午後からなのですが、雨が止む気配は無いですねぇ。
ちょっと寒いかもしれません。
 
12時30分頃には弟宅に到着しました(宮出しには十分間に合う時間)
・・・のですが、食事を振舞ってもらっていたら、ついつい長居をしてしまいました。
(ガソリン注入 = 缶ビール8本 注入完了!)
 
合流できたのは、「ホテル三日月」からの担ぎ出しです。15時位からだったでしょうか。
 
なお、祭り参加時には携帯電話などは所持しておらず、持ち物といえば、タバコ・ライター・携帯灰皿・小銭をジップロックに入れてあるだけです。
よって、写真撮影は行えないのですが、インターネットで探してみると既にYoutubeにアップされていた方がいらっしゃいましたので、そのURLを貼りますので雰囲気を掴んでもらえると幸いです。
 
どなたか存じ上げませんがHN (matsurilovemamaさん) から推測すると、どこぞのお母さんなのでしょうか。
 
※以降の動画は、私が撮影したものではありません。
matsurilovemamaさんに感謝いたします。ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
さて、少し暗くなってから雨は酷くなってきました。しかし、思った程寒いとは感じなかったのは良かった。
 
19日
 
合同祭当日です。(合同祭とは、勝浦市(墨名区・串浜区・浜勝浦区・川津区・沢倉区・新官区)の神輿が一堂に会し、一斉担ぎ等を行います)
この日は担ぎ出しから参加が出来ました。
昨日と同様に弟宅に、担ぎ手が集合。(弟宅に到着したのは11時頃だったかな)また、食事を振舞ってもらってしまいました。
弟の嫁さんは毎年毎年大変だろうなぁと思っています。
感謝しております。
 
弟宅を出発したのは、(他の担ぎ手が既に出発した後だったので)私が最後でした。
 
ここで、トラブル発生!
地下足袋が左右違います。
誰か間違えて履いていってしまったのです。
しかも、同じ種類ならば、マシなのですが、右側は紛れも無く私のエアクッション付きの足袋、左はノーマル足袋です。
間違って残っている右の足袋は小さくキツイ!血が止まってしまいそうです。
ゴム底の色も違うので、はっきり言って「カッコ悪いです」
しかも、足袋底の厚さが異なるので(高さが違うので)、とっても歩きづらい!!!

暫く担いでいたら、弟(2番目)が、犯人(?)を探し出してくれて、交換できました。
間違えて私の足袋(片側)を履いていたのは、可愛い女の子でした。
 
--------------------------------------------------------------------------
祭りとは全然関係ないのですが、今回の一件で、思い出した事があります。
もう、10年以上前です。親戚の葬式があり、兄弟3人で朝早く(まだ夜が明けぬ時間)に実家を出発しました。
出発してから1時間程経って(明るくなってきてから)弟が突然叫びました。
 
(弟) 「やっべー!兄貴、茶色い靴履いてきちゃった!!」
(私) 「ふーん。 まぁ、茶色でもイイんじゃねぇの。大丈夫だよ」
(弟) 「違うよ!!右が黒で、左が茶色なんだよ!」
(私)  (弟の足元を見て)・・・・・大爆笑!
(弟) 「笑ってんじゃねーよ!」
(私) (笑いながら) 「おじさんの家で借りるしかねーな。革靴くれーあんだろ」
  (同じ様なデザインの色違いの靴です。出発時は玄関が暗くて分からなかったのでしょう)
 
親戚の家に到着
 
(弟) (訳を話して)「おじさん、靴貸してくれませんか?」
(叔父)  大爆笑!
およそ、葬式の雰囲気ではありません。
しかも、その借りた靴がとっても古くって黒なのにカビて白くなってしまっています。
靴墨は塗ったのですが、まだ白い。かなりのボロ靴です。
 
火葬場に向かって駐車場から歩いていると
後ろから「ペッタン、ペッタン」という音が聞こえてきます。
何の音だろうと思い、後ろを見ると弟が歩いているのですが、なんと靴底が取れかかってしまっています。
スリッパのようになっちゃっています。
弟が歩くたびに、「ペッタン、ペッタン」と音がするのです。
その音をなるべく小さくする為に、松之大廊下を歩く侍が如く、なるべく足を上げずに歩いています。
ロボットのような歩き方とも言えるかな。
でも、「ペッタン、ペッタン」と音がします。
ほんと笑いを堪えるのが大変でしたよ。
--------------------------------------------------------------------------
・・・・・・・という事を神輿を担ぎながら思い出してしまいました。
 
合同祭会場にて
 
今年の墨名区の神輿は、もり棒を新調したようです。(下回り、クルマでいえばシャーシも変えたとの事)
 
20150919_153855
 
本当に綺麗です。我が墨名区の神輿が一番です。
(・・・と、どの地区の方々も自分のところの神輿が一番だと思っているのでしょうね)
 
合同祭会場までは、担ぎ出しから、ソコまでの区間を(抜けずに)担ぎ通しましたが、会場での担ぎ出し時は、あまりの担ぎ手の多さに、入る事が出来ませんでした。
・・・と言うよりも、若い人に譲りました。
 
20150919_172023
 
20150919_172102
 
墨名は多くの担ぎ手が居るので幸せだなぁ・・・なんて思いました。
 
「将来、安泰かな」
 
と思う反面、女の子の担ぎ手が多く(華やかな事は良いのですが)全体的なパワーが損なわれているような気がしないでもありません。
それを補える若い力が、もっと、もっと必要な気がしました。
(私には、もう無理です)
 
合同祭会場を出てから、少ししてから(担ぐ)隙間ができたので、担ぎ始めました。
私の場合、基本、左肩で担ぐのですが、場所的に右肩で(神輿の左側、中央よりやや後方)担ぐ事になりました。
神輿を見ながら担げる場所も、やはりイイね。(神輿前方部を担ぐと左右に関わらず神輿が見えないからね)
 
(旧)国道297号から宮まで
 
 
 
もはや、体力の限界です。
かなり、(神輿から)抜けている状態の方が長くなってしまっています。
 
宮の前
 
すこし長めの休憩の後に、担ぎ出します。
担ぎ出しの際には、ほとんど人が付いていません。こんなんで、担げるのかと思える程です。
(周りには、人は沢山居るのに・・・)
私も最後なので、頑張ってみました。
しかし、そう長くは持ちませんでした。その後、随分と人が入ってくれたので、離脱してしまったのです。
終盤で揉んで(神輿を上下に動かす)、差した(神輿を高く上げる)後にも、神輿が崩れずに担ぎ続けていられるのは、素晴らしい事だと思いました。
(揉む、差すと体力が急激に消耗します)
 
 
 
 
宮入が終わったのが、AM2時頃だったでしょうか。(時計が無いので不明)
 
20150919_225156
 
とにかく、就寝したのは、AM2時30分でした。
私の力など、およそ役にたったとは思えませんが、歳の割りには頑張ったほうではないか・・・・な(?)
(若い方々からしてみたら、「あれっぽっちで??」と思われるかもしれませんが)
 
 
 
そして、やはり、こんな感じになりました。
 
Photo
 
「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・。」

|

« ブレーキキャリパー(リア) オーバーホール 2015年9月12日 | トップページ | キャラの描画色変更 【X1でゼビウスを作る】 »

日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝浦の祭 墨名区【燃え尽きた、真っ白にな】:

« ブレーキキャリパー(リア) オーバーホール 2015年9月12日 | トップページ | キャラの描画色変更 【X1でゼビウスを作る】 »