« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

2016年3月27日 (日)

X1でゼビウスを作るVer.2 【本家との比較】

シャープ X1 (初代発売は1982年)
そんな古いパソコンで、今更ながらゼビウスを作っています。
(以降、作成中のものを「X1ゼビウスVer.2」と書きます)
 
 
今回は「敵の出現パターン」や「出現タイミング」を検証する為に作った動画です。
 
スクロールはX1版の方が速くなってしまっているので、速度はAC版を微妙に(若干早く)調整してあります
なお、速度比較は以前してありますので、よろしかったらご覧下さい。
              ↓
 
 
 
まだ、じっくりと(フレーム単位で)確認はしていません。
 
全般的に言えば
(X1ゼビウスVer.2について書いています)
 
 ・地上敵(固定)に関しては、概ね良い
   (ガルバーラ・ガルデロータ・ソルの位置は、ちょっと違っています。
    これは速度向上の為の妥協です)
 
 ・地上的(移動)は、及第点といったところ。
   (ドモグラムは、概ね良さそうですが、グロブターの動作はちょっと違うかなぁ)
 
 ・空中敵の出現パターンは合っている。
 
 ・しかし、空中敵の出現タイミングが微妙に早い
 
 ・アンドアジェネシスが強い
   (弾の発射率が高い気がする)
 
 ・ゾシーが強い
   (しつこい。中々帰ってくれない)
 
 ・バキュラの数が少ない箇所がある。
   (これは、速度向上の為の妥協です)
 
 ・ギドスパリオが大きい
   (これは、視認性確保の為の妥協です)
 
 
   「うーん、妥協が多い」
 
 
 
個別で気が付いた点
 
 ・AREA5  海(湖)から港にかけて、敵の出現が少ない。
 
 ・AREA7   終盤でバキュラ出現が早く終わってしまう。
 
 
いや、しかし(今回の目的は検証の為とは言え)、本家と並べて比較してしまうと、X1ゼビウスVer.2は、「ガッカリ移植だなぁ~」
 
やはり、カクカク感が非常に気になります。
 
※AC版動画について
 
私も、何度も本家 (NAMCO HISTRYですけど)による、ノーショットクリアをチャレンジしましたが、何度やってもダメでした。

動画左のAC版のノーショットは私がプレイした訳ではありません。
以下の方の動画を利用させていただいたのです。
 
https://youtu.be/Jxo5pjaQUFo?list=FL4DVgBal0jgMg2XiYotOhCg
 
https://youtu.be/6VmuEPsUuVg?list=FL4DVgBal0jgMg2XiYotOhCg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

X1でゼビウスを作るVer.2 【動画】

「X1でゼビウスを作るVer.2」・・・とりあえず遊べるレベルまでになりました。

解説ページ(と言う程、大層なモノでは無く備忘録ですが) 等は追々と書いていきたいと思っていますが、まずは動作動画をアップしてみました。
なお、(エミュレータでのキャプチャなのですが)エミュレータだと、CRTCの設定が実機と異なるようで、プレイ画面が中央にする事が出来ませんでした。
 
まだ、最適化等は済んでいませんが、残りメモリは(何と!)僅か70Byteしか残っていません。
 
オプションメニューに、パレット設定※等も追加したいんですけどね。どうしようかな。
※今回のVer.2から、スクロール背景とキャラクタは別の色を(カラーコードにて)表示させているので、キャラクタの色変更(パレット)が自在に出来るようになったのです。
 
 
 
エリア16まで到達出来なかった・・・・残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

X1でゼビウスを作るVer.2 【解説ページ 第1回】

【解説ページ 第1回】  CRTC設定による2ドットスクロールとVRAM計算
※解説・・・大層なタイトルですが、備忘録のようなものです。
 
以前のバージョン(以降「Ver.1」と書きます) と大きく異なるのは、スクロール方式です。
Ver.1はタイルパターンとの併用による1プレーンの差分描画方式でした。(詳細はこちらに書いてあります)
 
 中々良いアイデアだとは思っていたのですが、1プレーンだけのスクロールでは随分と貧相な画面になっていました。
スクロール方式を変更し、「見た目」の改善を図ってみます。
 
X1xevious_screenshot01_2
↑結構、良い感じになってきた・・・と思う
 
これにより、大幅にプログラム変更が発生してしまうので、「Ver.2」と命名してみた訳です。
 
はっきり言って「他機種」に移植するようなもの・・・・・いや、それは大げさか。
 
「AE85改AE86を製作する」労力と、「AE86の主要機関 (エンジン・ミッション・サスペンション・ブレーキ周りなど)を全ての総脱着する」労力の違いのようなものでしょうか。・・・・・いや、ますます分かりづらい例えになってしまった。
 
詳細は、こちらに書きました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »