« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の記事

2016年5月29日 (日)

AE86 フューエルポンプ(燃料ポンプ)の交換

5月25日
 
帰宅時に、それは突然起こりました。
発車して数十メートル移動してから、プスン・プスンと吹けなくなりエンジンストップをしてしまいました。惰性で近くのコンビニに停車。
再始動したら、エンジンがかかったので、賭けでしたが自宅までたどり着く事が出来ました。
 
5月26日
 
出勤時(朝)にエンジンは掛かりません。
一番怪しいのは、フューエルポンプでしょうか?まだ、何も確認出来ていません。
確か、交換したのは17~18年前だったかな。
(長女がまだまだ幼い頃に、ディズニーランドに行く時にクルマが止まってしまった時→原因はフューエルポンプでした)
 
違っていたとしても、交換して損は無いので、某オークションにて入手
 
(以降「フューエルポンプ」を「ポンプ」と言います)
 
 
5月29日
 
ものスゴク久しぶりのクルマいじりです。(・・・いや修理です)
 
試しにエンジン掛けたら、「始動しちゃいました」
こんなケース(動いたり、動かなかったり)が一番困りますよね。トラブルシューティングが非常に困難です。
 
しばらく、アイドリングしてたらエンストしました。
再始動しようとしても、エンジンは掛からなくなりました。
 
燃圧はありません。火は飛んでいます。
ポンプへの電気は来ています。
 
ポンプ作動音は聞こえません(しかし、私は耳があまり良くないので聞こえないだけかも・・)
ほぼ、ポンプで(原因は間違いないで)しょうね。
 
AE86の場合、ポンプ交換するだけなのに、燃料タンクを降ろさなければなりません。
かなり、メンテ性悪いよね。
 
06201605291009250
 
なんだか、すっきりしないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

X1でゼビウスを作るVer.2 【検証作業-ログラム】

シャープ X1 (初代発売は1982年)
そんな古いパソコンで、今更ながらゼビウスを作っています。
(2015年までのバージョンを「Ver.1」とし、2016年以降、作成中のものを「Ver.2」としています)
 
今回は、「ログラムの弾(スパリオ)発射タイミング」の検証作業を行います。

ログラムの弾発射は、ランダムにより発射間隔を設定しているような気がするのですが、単発発射と連射(2発)の場合もあります。

この辺りが、どうも良く分かっていなかったので、本家AC版の全82個のログラムの弾発射の座標を調べてみました。

03_0__
【画像1】

上の状態のスパリオのY座標(上) を記録していきます。


03_3___resize
 
(最近、こんなメモばっかりとっているな。面倒でツマラナイんですよね~)
 
これをExcelに入力していきます。
 
03_4__


「画面座標」とはスクリーン座標、「実座標」がゼビウスのプレイ画面(224×288内) の座標を示しています。
 
そして、集計結果です。

03_5__

さらに、座標データをActiveBasicで表示させてみました。

03_6_

赤線が弾を発射した座標、上部の数値(Hex)はAREAを示しています。
これを見ると、AREA4以前とAREA5以降とで、大きく変化している事が分かりました。
 
AREA4以前の発射数平均は、約2個 (ログラム一体が弾を発射する平均)
ログラムが登場してから、初弾発射のY座標も随分と下側になっています。
また、連射回数も少なめであり、(弾発射の)「間隔平均」の値も大きいです。
※表の黄色部分

・初弾
  最小値は   -9
 最大値は 112
 
・間隔(2発目以降の前発射との間隔ドット数)
  最小値は   15
  最大値は 109

・連射
  8回
  全発射数 66発に対し7回
  連射を1回として考えると、全発射回数59回に対し7回が連射。
 すなわち11.86%の確率で連射を行う。

・最後に発射した座標
  147

これが、AREA5以降になると、発射数平均は、5~6個と途端に跳ね上がります。
(最大値は7個発射というのがありました)
また、初弾発射のY座標が、かなり上部からの発射になっている事が分かりました。
 
・初弾
  最小値は -15
 最大値は  44
 
・間隔(2発目以降の前発射との間隔ドット数)
  最小値は  14
  最大値は  77

・連射
  55回
  全発射数 257発に対し48回
  連射を1回として考えると、全発射回数209回に対し48回が連射。
 すなわち22.96%の確率で連射を行う。
・最後に発射した座標
  208
 
なお、発射のY座標最大値は208でした。
つまり、209以上では、弾は発射しません。(下部になると弾は発射しないという事)
今回もサンプリング数が少ないので、「ある程度の傾向」までしか分かりませんでしたが、発射タイミングをパターン化(テーブル化)しているのかもしれません。
 
今回の結果による推測です。(上記を踏まえ、キリの良い値にしています)


   AREA4以前

  ・Y座標が152以上では弾は発射しない。
  ・初弾座標は -15~112をランダムで決定           [128個のランダム]
  ・2発目以降の間隔は、15~110をランダムで決定  [ 96個のランダム]
  ・ランダム値(0~255)が32未満ならば、連射とする (12.5%)

   AREA5以降

  ・Y座標が208以上では弾は発射しない。
  ・初弾座標は -15~48をランダムで決定              [ 64個のランダム]
  ・2発目以降の間隔は、14~77をランダムで決定    [ 64個のランダム]
  ・ランダム値(0~255)が64未満ならば、連射とする (25%)
 
実際に試してみましたが、かなり良い感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »