« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月26日 (日)

X1版NEWゼビウス 最終版 【MI68展示】

6月25日のMI68(マイコン・インフィニット☆64) に一般参加してきました。
 
20150625_x1xevious_mi68
 
普段からネットで、やり取りをさせていただいている、すーぱーたーぼさん、hex125さん、Kei Moroboshiさん、紅皐月さん、けんたろさんとお会い出来て、とても嬉しく思いました。
また、沢山の方々との同一の(マニアックな?)趣味のお話が出来て本当に楽しい一日でした。
 
パネルディスカッションも、当時の事を思い返させていただきました。
何だか、一気に少年に若返ったような気分になってしまいましたよ。
 
「あぁ、話をしている事と(現在でも)やっている事が10代の頃と変わらん・・」
(プログラミング環境は劇的に変化しましたが・・)
 
そして、けんたろさんのライブは鳥肌が立ってしまうほど、大変素晴らしく思いました。
生演奏を聴く機会が殆どありませんでしたので、とても感動いたしました。
 
さて、展示して下さった「X1版NEWゼビウス」は「最終版」となります。
「完成版」・・・と言いたいところですが、まだ、やり残している箇所もあるのです
 
おそらく、これ以上は「X1版NEWゼビウス」に手を入れる事は無いと思いますので、MI68に展示させていただいた最終版の動画を作ってみました。
 
 
 
【ニコニコ動画】X1版NEWゼビウス 最終版 【MI68展示】
 
※16エリアまで全部お見せ出来る動画を作りたかったのですが、残念ながらAREA13の終盤でやられてしまいました。
皆様、またお会い出来る事を楽しみにしております。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

MI68にX1版NEWゼビウスが展示されます

6月25日のMI68 (マイコン・インフィニット☆PRO-68K)のプレイアブルコーナーに「X1版NEWゼビウス」を展示して下さる事になりました。

これは、すーぱーたーぼさんのご協力により実現出来た事であり、多くの方に体感していただけますと、幸いに思います。
 
そして、以下と同内容の「紹介パネル」を掲示する予定です。
 
*************************************
 
●開発コンセプト 
  
 ①滑らかに動かす (静より動を優先) 
  ・ 2ドットスクロール
  ・ キャラクタの最小描画単位は1ドット
  ・ 自機の応答は約1/30秒
  
 ②縦画面 
  ・ アーケード版と同様の縦画面
  (62.5%の縮小版)
  
 ③チラつかない、穴が開かない 
  ・ 完全な重ね合せ処理の実装
 
     Xmil0089t
  
 ④ノーマルX1でも動く 
  ・ X1/turbo/Z全機種対応
  
 ⑤オンメモリ動作 
  ・ 全16エリアを一括ロード
 
●スクリーンショット比較
Xevious
 
プレイ感覚は、アーケード版を極力再現させました。
(させたつもりです)
是非、お試し下さい!
*************************************
・・・・という次第です。
開発コンセプトに「滑らかに動かす」、そして、「プレイ感覚は、アーケード版を極力再現させました」・・なんて書きましたが、フレームレートは低くて(自機以外は、約10FPS) カクカクしています。
 
プログラミングに精通された方が、同手法で作られたら、もっと良いものが出来る事でしょう。
しかし、私の技術レベルでは、コレが精一杯なのです。
 
「もはや、ここまで」・・なのです。
 
よって、X1版ゼビウスの開発は、これをもって(一旦)終了といたします。
 
今後は、新たな取り組みをしていきたい・・・とは考えています。何をするかは、またこのブログで発表しようかな。
 
 
【最後に】
 
このX1版NEWゼビウスがココまで作れたのは、当ブログにて「愛のある」コメント、ご指摘を下さった皆様のお陰でもあります。
おそらく、当時(30年前)だったら、Ver.1(のBGM音痴版)で満足して終わっていた事でしょう。
(いや、終わっていました。当時作ったゼビウスもどきが、そんな完成度でした)
  
すーぱーたーぼさんには、技術的なアイデア(やアドバイス)も頂き、今回展示のNEWゼビウス "Ver.2"となっています。
そして、(サウンドデータを作成していただいた)紅皐月さん、(サウンドプログラムを作成していただいた)hex125さんのご協力により、BGM、SEは(私が作成したモノと比較にならぬ程)素晴らしいものとなっています。
 
思い返せば、X1ゼビウスの開発のきっかけはOKIさんとの会合でした。
初コンタクトもゼビウスに関する事であり、それのやり取りが無かったら、このような人との繋がりは無かったんだろうなぁと思うと何だか不思議な気持ちになります。
 
皆様、本当にありがとうございました。
 
(ブログの最終回みたい・・・ですが備忘録は続きます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

日産エクサとトヨタAE86トレノ

すっかりと忘れていましたが(失礼)、思い出させてくれました。

「日産のエクサ(EXA)」
これの前のモデルはパルサー・エクサだったかな。
 
昭和60年代前半の時にはパルサー・エクサが中古車市場で(AE86と比較すると)安価だったので、一瞬揺れ動いた事を覚えています。

そして、その後モデルチェンジをしたのが、「エクサ」です。
デビュー時に、「AE86トレノ」とソックリさんだな・・・・と思ったものです。
 
拾い物で恐縮ですが、エクサです。
 
Nissan_pulsar_nx_se_red_1988_e
 
改めて見ても、「似ている!」
(似ていると思うのはAE86トレノに乗っているからでしょうか?)
 
では、次はトレノです。(カタログより抜粋)
 
Trueno_02t
 
リトラクタブル・ヘッドライトの感じがよく似ている気がします。
エクサをツートンカラーにして、赤を明るくしてみたら・・・・・・
 
Nissan_pulsar_nx_se_red_1988_e_true
 
「おぉ!思ったよりも、似ている」
 
このカラーでエクサが街中を走っていたら、(クルマに詳しくない人は)トレノと見間違えるんじゃないかな?
 
エクサ・ファンの方、ごめんなさい。
いや、以前から似ていると思っていたんです。
 
「似ている」といえば、日産サニー・RZ-1はAE86レビンに似ていると思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

AE86 フューエルポンプ(燃料ポンプ)の交換 その後

5月29日にフューエルポンプの交換をしましたが、交換直前にエンジンが正常に掛かってしまった為に、トラブルシューティングが完全ではありませんでした。

こういう(動いたり、動かなかったりの)不具合が一番困ります。

その後200Km以上の走行が出来たので、(エンストは)ヒューエルポンプが原因だったと断定してもよさそうです。

また、前回の記事は写真が歯抜け状態だったので、加筆しました。

フューエルポンプ(燃料ポンプ)の交換 2016年5月29日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »