« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

2016年7月18日 (月)

X1 TurboZ の4096色中8色×2画面合成テスト

昨日、「4096色同時発色 【X1 Turbo Z】でサンプルプログラム」を作りましたので、どうせなら、「何かを表示したい」ではありませんか。

今回は、4096色中8色×2画面合成 にて(プログラム的には4画面合成が可能になっています)描画プログラムを作ってみました。

 
X1r_0017
 
 
アンドア・ジェネシスと、テラジを描画
画像データは、X1版NEWゼビウスの流用なので、2プレーン分しかありません。
ですから、8色・・と書きましたが、実は4色しか表現出来ていません。
 
それでも、灰色が表現出来ているので、デジタル8色と比較すると、随分と雰囲気が出ています。
 
ちなみに、アンドア・ジェネシスと、テラジ(空中キャラ)のパレットは微妙に違う色合いにしています。
(アンドアジェネシスは少し、灰色が黄色がかっています)
 
 
なお、テラジを動かして、アンドア・ジェネシスと重なりますが、重ね合せ処理はしていません。
アナログ色での表現が出来ると、やはり「見た目」が違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

4096色同時発色 【X1 Turbo Z】でサンプルプログラム

「4096色同時発色」と言えば、(私の中では) FM77AVなのです。
(X1の次に購入したのもFM77AVですし)

 
FM77AVでも、マシン語(6809)の学習はしましたが、現在はすっかり忘れてしまっています。
(Z80も同様に忘却の彼方でした)
そんなFM77AVで最後に作ったのは、テトリスだったと記憶しております。
それ以降は、プログラミングの世界から遠ざかっていたので、当時「X1 Turbo」は知っていましたが、「Turbo Z」の知りませんでした。
(Turbo・・・あくまでも「知っていた」というレベルで、マシン語でプログラミングした事はありません)

Turbo Zって4096色同時発色が出来たんですね。
 
 
X1エミュレータの"Xmillennium"は、TurboZの互換ROM(なの?)が標準で動作するので、TurboZによる、4096色サンプルを作ってみました。
 
X1r_0010
 
パレットの設定次第で、(4096色1画面モード時に) 4096色中8色×4画面合成なんてのも、出来たりして、動作させる(描画される)プレーン数を(2~3枚とかに)限定にすれば、かなりゲームに活用出来るんじゃないかな?
これは、FM77AVでも同様に感じていた事です。
 【FM77AVの曖昧な記憶】
 
 記憶がかなり希薄なのですが、FM77AVも12枚のVRAMプレーンをバンク切り替えで描画していました。
 MMRって言ったかな・・・・
 X1とは違って、メモリでの操作(しかも素直なVRAM配列だった?)が出来たので、6809では作り易かった。
動作確認では、エミュレータを使用していますが、残念なのは、"Xmillennium"の現時点での最新版060は、TurboZに対応していない事でしょうか。
それ以外のバージョンだと、CRTCの設定が正しく反映されないのです。
「次はTurbo Zで何かを作りたくなってきましたよ。」
(Turbo Zを入手せねば・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

Z80の学び直しはポケコンでリバーシを作った事

Kei moroboshiさん とポケコンの話になったので、思い出しました。

Z80の学び直しはポケコン(PC-G850)であったという事です。
 
PC-G850のBASICのみで、リバーシ(オセロ)を作ってみて(想定通り)遅いので、マシン語に作り替えたのがZ80の学び直しのきっかけでした。
 
何となくZ80を思い出してきたので、X1でゼビウスを作ろうと思ったのでした。
 
そんなZ80初心者(?)が作った、コンピュータ対戦型リバーシ(オセロ)ですが、8ビットCPUのレベルで言えば、まぁまぁ強いんじゃないかな。
「どうかな?」
 
ポケコン PC-G850限定だと、あまりに使える人が少ないので、それをWindowsでも動くようにして、「お手軽」に遊べるようになっています。
 
     ダウンロード
 
そんな、リバーシ(オセロ)を久しぶりにやってみると・・・・・
 
Ws003649
 
 
「ぼろ負け!!」
 
もうちょっと、(勝てはせずとも)粘れたような気がしたんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »