« 重い、遅い!何が悪いの? | トップページ | 久しぶりのルービックキューブ »

2016年9月11日 (日)

安全第一、転落注意、TVアンテナの(再)設置

台風10号 (8月30日の朝) の影響で、TVアンテナのマストが傾いてしまったもよう。

TVアンテナは屋根のてっぺんに設置しているので、(全体像は)下からは見づらいのですが、それでもマストが傾いているのが分かります。

支線が緩んでしまったのかもしれません。

以前(多分5年前位)にも支線を張り直したのですが、その時に思ったのです。

「アンテナ支線ターンバックル」のようなモノを使用せずに、「人力で引っ張った”だけ”」では「緩い」とね。


Gt70p_4 (参考) マスプロ電工 支線ターンバックル  GT70-P


屋根に上がって確認すると、案の定、マストベース(土台部)が傾いてしまっていました。
やはり、以前の修理の際に、キチンとやり直し(張り直し)ていれば、良かったのですね。
 
これで、屋根の上に登るのは、3回目です。
(安全第一、落ちないように気を付けよう)
 
 
登る度に「瓦がヒドイ状態になっているな」 (これの対処は後ほど考えましょう)
 
00
 
今回は、上述の「支線ターンバックル GT70-P」を使用して、張り直しました。

02
 
うん。「ピーン」と張れている。これならば、OKなんじゃないかな。
 
折角なので、マストベースとマストも買い直しました。
(これらは、設置してから16年が経過しています)


022

UTFアンテナも同様の16年モノですが、まだ映っているので壊れるまで使います。
(かなり状態はヒドイ事になっていますが・・・)
 
011

マストとの接合部のネジなんて、錆だらけです。とりあえず、回せて(緩む・締めるが)出来て良かった。
次回の交換時には、ネジが回せない状態になっていそうです。そうなっていれば切断ですね。


04

最後にアンテナの位置を調整して、設置完了です。
これで、後、何年持つのでしょう。

|

« 重い、遅い!何が悪いの? | トップページ | 久しぶりのルービックキューブ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502190/64189844

この記事へのトラックバック一覧です: 安全第一、転落注意、TVアンテナの(再)設置:

« 重い、遅い!何が悪いの? | トップページ | 久しぶりのルービックキューブ »