« アルト(HA23S) エアコン・コンプレッサーの動作確認と室内清掃 | トップページ

2018年10月21日 (日)

ラジカセ風ミュージックプレイヤーを作る

古いラジカセ

1982年に買った(←買ってもらったでは無く、アルバイトをして買った)ラジカセが、急に欲しくなってしまいました。

パイオニア ランナウェイ SK-700です。
某オークションを見ていたら、それが出品されていて、あまりの懐かしさに購入意欲が急に沸いてきてしまったのです。

いや、しかしジャンク品であるし(カセットは不動との事)、自分のスキルでは修理する事も出来ない。
購入したら、単なるオブジェになってしまいます。

(熱狂的な「アンティーク・ラジカセ・ファン」でも無いし・・・・・・)

「うーん。でも、欲しい・・・・」
カセットテープの (動作により)音楽が聴きたい。


「ならば、パソコンの画面上で、ラジカセ (パイオニア・ランナウェイ SK-700)を再現してみようではないか!」
・・・と思った次第です。

「バーチャル・ラジカセ(?)」みたいなソフトウェアを作ってみようかと。


パソコン(Windows)の1フォルダを1個のカセットテープであると見立てます。
ミュージックサーチも前後1曲のみです。
(これだけだと、不便なので、選曲も出来るようにしてあります)

まだ、完成はしていませんが、概ね動くようになりました。

私が当時購入したのはSK-700ですが、再現したのは、その上位機のSK-750です。
これは、いずれ、SK-700にしていくつもり。


01

イジェクトボタンを押すと、フォルダ(実際にはファイル)を指定します。
そのフォルダをカセットテープと見立てます。

なお、このラジカセ (SK-750 / SK-700) にはオートリバース機能がありませんので、指定フォルダ全体がA面という「表現※」です。

※そのフォルダに存在する曲の合計演奏時間を問わず、A面に収録されていると見立てています。

02


05



画面モードは2つあります。
ラジカセ全体を表示するモードと操作部を拡大するモード


06


まだ、作っていない事。これからやりたい事

・画像を全て描き直したい。
 上記の画像は、かなり汚い。
 全て、描き直して (私が購入した) SK-700にしたい。

・ボリューム(音量)の設定
 まだ、キーボードでしか設定が出来ないので、マウス対応とする。

・設定画面の作成
 解像度の設定や、早送り・巻き戻しのスピード設定など

・カセットテープの描画が未完成なので、仕上げる。

・カセットテープの回転部(←名称分かりません)の動作
 本来ならば、左右で回転速度が異ならなければならないが、現在は左右で同一速度


まだ、他にも細かいところの修正は必要です。

しかし、当時の(カセットテープで聴いているかのような) 懐かしさが蘇ってきましたよ。

動画

詳細は、いずれコチラで書いていきます。

|

« アルト(HA23S) エアコン・コンプレッサーの動作確認と室内清掃 | トップページ

レトロパソコン・BASIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502190/67296894

この記事へのトラックバック一覧です: ラジカセ風ミュージックプレイヤーを作る:

« アルト(HA23S) エアコン・コンプレッサーの動作確認と室内清掃 | トップページ