カテゴリー「クルマ(AE86)」の記事

2018年8月19日 (日)

サスペンション交換(前後)とブーツ交換【AE86】

2017年4月7日~4月9日に行った車検対応整備(クラッチレリーズシリンダーO/Hと取り付け・ステアリングラックエンド交換)において、『 「不具合と指摘されてしまう・・・かもしれない」箇所を発見してしまった。』と書きました。

フロントサスペンション ボールジョイント部のブーツが僅かに破れていたのです。
1年以上前の事ですが、そのブーツ交換をしそびれていたのです。

友人からTRDのサスペンション(スプリング)とアッパーサポートを譲っていただきましたので、その交換ついでに(どっちがついで?)作業を行いました。

01201808180654080

13201808180726040


詳細はこちらに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

電子サビ防止装置の取り付け (ラストストッパー) とその他作業【AE86】

塗装作業が終わってから、すぐに取付けようと思っていた「電子サビ防止装置」です。
しかし何となく、ずるずると装着せずにいました。

それとは別に、気になっていた箇所がありましたので、その取付けついでに改善しておきます。

10201808051240150

11201808051852330



詳細はこちらに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

エアコン修理 その2 【AE86】

2017年7月19日~7月29日にエアコン修理 (コンプレッサーの交換 [※下図の水色箇所] ) を行いましたが、その後もエアコンのトラブルは収束しませんでした。

その際に、”古いクルマだけに、「ココを直したら、別の箇所からガス漏れする」・・・なんて可能性も大きいと思います” ・・・と書きましたが、まさにその通りになりました。

その後 (特に記事として記録していませんが)

・エキスパンションバルブの詰り
      → エキスパンションバルブ [88516] とリキッドタンク [88470] の交換
・ガス漏れ
      → 低圧側のホース [88711] 交換

      ※下図 緑色箇所の交換

そして、またもや「ガス漏れ」です。

再度、ガス漏れ点検を(業者さんに)してもらったところ、ホース [88711] (下図緑色) とパイプ [86715A] (下図黄色)の接合部からの漏れである事が判明しました。

00img1

00img2

作業詳細は、こちらに書きました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

前期車両のAE86でコーナリングランプを動作させる

現在(2018年7月時点)所有のカローラレビン 2ドアGT-APEX(3号機)

20170402_2


車両は前期型ですが、外観だけは後期型にしてあります。
(さらに言えば、「レビン改トレノ」です)


この車両のハーネス(配線)も前期のものなので、コーナリングランプには対応していません。
よって、配線(やリレー等)を追加させて動作させてみます。

13201807211643501t


作業詳細は、こちらに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

エアコンの配線確認【AE86】

エアコンのガスは入っているのに、コンプレッサーが動作しない場合、配線(回路)の確認をします。
どこまで、電圧が掛かっているのかをテスタ等で調査し不具合箇所の特定を行います。
 
以下に配線図 (配線図集 E-AE80,81,82 N-CE80 E-AE85,86 より 昭和58年5月)とそのロケーションを示しておきます。
※いわゆる前期の配線図です。
 
詳細は、こちらに書きました。
01electrical

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

【AE86】クランクプーリー交換

クランクプーリーのダンパー(ゴム部)がダメみたい。
 
02
クランクプーリーはダブル掛けになっているものです。
この奥側のプーリーがユラユラと振れています。
おそらくダンパー(ゴム部)の劣化によるものなのでしょう。
 
交換の詳細はこちらに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

20数年振りにドリンクホルダー(に灰皿)

AE86には、ドリンクホルダーなんてモノは標準で付いていません。

20数年前には、エアコンの送風口に取り付けていましたが「何も付いていないのがAE86らしい。デザインを損なう」・・・と云う(変は拘りな)理由で早々に取り外してしまいました。

現在でも社内にアクセサリー的なモノを付けるのは嫌いな方なのですが、

「窓側に灰皿が欲しい!」

と言うのが、今回の(ドリンクホルダーを付ける)動機です。

AE86は(ドリンクホルダー等の便利装備はありませんが)、中央に巨大な(?)灰皿が装備されています。

(うーん。これも時代を感じる)

中央の灰皿は非常に使い易いのですが、どんなに気を付けていても、灰が落ちてコンソール周りが汚れるのです。

(ならば、室内でタバコを吸わなければ良い・・・とも言うが、30年程のスタイルは変えん。)

それで、「窓側に灰皿が欲しくなった」訳です。ものスゴクいまさら感がありますがね。


で、今回買ってきたモノ(折りたたみが出来る)

201802031056310



運転席のスピーカー・カバーに付けてみようかと・・・

201802031055140



ボルト・ナットで取り付ければ、ガッチリと固定される。
201802031101440


こんな感じになった。
201802031103110


んで、使ってみると・・・・・・

「非常に使いづらい!!!!」

ちょっと下側過ぎるし、斜めにもなってしまう。(←付ける前にも分かっていたが、想像以上に使いづらかった)


なので、窓側というよりも 「ドア側に付けてみよう!」


ドアトリム(内張り)を剥がして、裏から金属板を挿入
(フニャフニャな金属板。手で曲がるタイプのモノ。ホームセンターで1枚が300円程度だった)

201802041001000


ドアトリムに穴空け等をしたくないので、「ガムテープ」で金属板を固定
(”やっつけ”作業だな)

ドリンクホルダーをボルト・ナットで固定

201802041031221


随分と、取付け位置が高いのでは???

・・・いや、いや、ウィンドウレギュレーターレバー(クルクル回すヤツ)があるので、この位置なのですよ。

(この車両は前期型であり、パワーウィンドウでは”当然”ありません)

201802041031071



コイツは 「使い易い!」

これならば、灰が落ちても、床なので掃除もし易い。



201802041057360


しかし、社外から見ると 「カッコ悪い!」

201802041227440

しばらく、使ってみよう。

スグに外してしまうかも・・・・・

今回は、非常にライトなクルマ弄りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

アンダーカバー取付け【AE86】

今年、7月にエアコン(コンプレッサーが原因)修理を行いました。
まずは、今年の夏は乗り越えられ安堵しております。

だいぶ涼しくなってきたとは云え、雨の日にはエアコンが(窓の曇り除去に)活躍してくれます。

しかし、大雨が降った時に、突如としてエアコンが効かなくなってしまいました。
窓がどんどんと曇ってくる!冷たい風も出ていない。

その翌日には、問題なく(エアコンは)動作していました。
ガスも抜けていません。コンプレッサーも回っています。

もしや、アンダーカバーが無いからなのか???

01201710010741470


詳しくはコチラに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

ステッカー(リア・エンブレム等) の作成【AE86】

全塗装をしたので、ステッカー(リア・エンブレムやサイドモール側)がありません。
友人が、カッティングマシーン&ソフトを所有しているので、作成してもらう事になりました。
 
画像は、ネットで調べて(jpgデータ等では画像が荒すぎるので)新たに解像度を上げてbmpで作成しました。
 
「TOYOTA COROLLA TRUENO」がこだわりの一品
 
000a_toyota_corolla
 
 
・・・不自然ですか?TRUENOならば、本来は
 
「TOYOTA SPRINTER TRUENO」でしょう。
 
しかし、車両はレビンで顔がトレノなので、レビン改トレノなのですよ。
(通称トレビン?レビノ?)
 
詳細はこちらに書きました。
 
201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

エアコン修理【AE86】

エアコンが効きません。暑いです!

2013年のエンジンスワップ時に併せてエアコンシステム全体も(全てのOレングは新品にして)交換しガス注入※もしました。

※2013年にガス注入をしてくれた業者さんも、現在では行っていないようです。旧ガス(R12)対応してくれる業者さんは、どんどん減ってきているもようです。

しかし、翌年2014年(3年前)には効かなくなりました。
その時には、コンプレッサーは回っていましたが、現在は、回っていません。
ガスが完全に漏れて、「空状態」になっています。
(ガスが空だと、コンプレッサーは動作しません)

普段乗るのは、朝晩だけなので、さほど暑くは無いのですが、日中は、酷く暑くなり運転しているだけで熱中症にでもなりそうです。

詳細は、こちらに書きました。

05_201707291603490

| | コメント (3) | トラックバック (0)