カテゴリー「ゲーム」の記事

2014年6月15日 (日)

アウトラン 3DS

”あの”「アウトラン」がニンテンドウ3DSでダウンロード販売されている事を知りました。
(OKIさんのブログを見て知りました)

アウトランといえば、私がプレイした数少ないゲームのひとつでもあります。
プレイした・・と云ってもプレイ回数は2~3数回だけで、友人Sのプレイを観戦していた程度です。
しかし、プレイ回数は少ないけれど「想い入れ」は結構強かったりするのです。
美しいグラフィック、軽快なBGM、アップダウンのあるコース等など・・・「スゲー、ゲームが出た!!」と思ったものです。
 
友人Sは音楽にも興味があってFM77AV(のBASIC)でアウトランのBGMをポチポチと独自に作っていました。(なかなかな出来栄えでした)
そんな影響もあってか、私もアウトランのBGMは大好きになり、カセットテープに録音して(もちろん実車で)ドライブしたものです。
 
そんな訳でゲーム(プレイ体験)よりもBGMはかなり記憶に刻まれる事になり、好きなゲームのひとつになりました。(←これで良いのか??ゲームは殆どしていないのに・・・)
 
すぐにダウンロードしてプレイしたかったのですが、私、3DSを持っていないのです。
(3DSは娘の所有物です)
なかなか借りれる機会に恵まれずにようやくダウンロード&プレイが出来ました。
 
 
01
「よーし!走るぞぉ!」
 
 
02  
「実車でこんな場所を走ってみたい」
 
ゲームセンターCXの有野課長が言っていた事を思い出した。
(3Dクラシックス ゼビウスの回)
 
*************************************
有野課長の提案
「扇風機、吹かしながらやりたいな。飛んでる感じになるんちゃう?」

「・・・いや、窓あけて飛行機って乗れへんか?」
*************************************
 
この3Dアウトランも扇風機の前で、プレイしたらイイかもよ(笑)
 
03
「岩の壁、コエー!」(怖いの意味)
 
 
 
04
「ほーら、やっぱり!!」

これ即死だろ!なんて丈夫なクルマ&ヒトなんだろ。
前述の通り、プレイ経験は殆ど無いものですから、(そしてゲームが下手である)すぐにゲームオーバーになってしまいました。
でも、楽しい!!

いずれにせよ、こんな素晴らしいゲームが(そして古いゲームなのに)「公式に」ダウンロード出来ると云う事がありがたいです!!
まだ2回しかプレイ出来ていませんが、すぐに娘に取り上げられてしまいました。

プチコンもやってみたいし、3DSゼビウスもあるし3DS買っちゃうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

眼コピーの限界

前々回の記事(そろそろ飽きてきたよ→テトリス)で”レベルアップまでの時間”についてを書きましたが、確証が持てずにいました。
(推測でしかありませんでした)

ネットで色々と調べてみても探し出せなかったのですが、偶然、動画サイトを見ていたらソレに関する事を発見しました。

ニコニコ動画
【TAS】セガテトリス 64ライン カンスト(コンティニューあり)

この投稿者さん、凄い!!!

ここまで、アーケード版テトリスを熟知してるって事が驚愕です。
アーケード基盤(rom?)を解析しているのかなぁ?
私とは、別次元のレベルです。

眼コピーの限界を感じてしまいましたよ。

(一応、推測値とは一致していましたが・・・・)


現時点で、プレイ感覚はソックリになったはずなのですが、乱数発生器だとかをピッタリ同じに出来るとは思えません。

あ、詳しくはコチラに書きました。

「すげーなぁ!!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

そろそろ飽きてきたよ→テトリス

アーケード版(セガ)テトリスの動作仕様は概ね分かりました。

 
以下の項目については、以前書いた通り  
 
 ブロックの落下速度
 移動レバーの”ため”(リピート動作までの時間)
 ブロックが着地してから移動出来る時間の測定(遊び時間)
 
今回調べたのは、レベルアップについてです。
 
 ブロックが着地(接着)してからの判断を行う。
 レベルアップは、累計4段消すと1アップ
 
さらに、一定時間が経過すると、消さなくてもレベルアップする(してしまう)
 
 レベル 0 , 9 , 10 , 15以上 →  58.00秒  (3480フレーム)
 それ以外のレベルの時   →  38.67秒  (2320フレーム)
 
これで、(セガ)アーケード版と同じに動くようになったと思っています。
ここまで、やったのだから背景もソレと同じにしてみましょうか
 
 
 
 
これで、テトリス(の眼コピー移植)は終わりかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

テトリスをコンピュータにプレイさせる その2

記事にて、AIテトリスを作成してみましたが、25000余りのブロックを積んだのに、4行消し(テトリス)が、たったの149回しかありません。
 
01
 
ゲームオーバーを恐れ、積極的に4行消し(テトリス)を狙っていないのですね。
 
 
4行消し(テトリス)の比率を向上させる為に、評価関数における計算の係数を調整してみました。
 
 
隙間(空洞)の上には、なるべくブロックを置かないようにして、ゲームオーバーになるのを防ぎつつ、積みあがっている段数が高くてもリーチを積極的に狙うようにしてみました。
 
試行錯誤を(少しだけ)繰り返して・・・・
 
12
4行消し(テトリス)が前回149回に対し、今回は547回になりました。
(共に、ブロックを25400個落とした結果)
詳細は、こちらに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

テトリスをコンピュータにプレイさせる

まだ、セガ・アーケード版テトリスの動作仕様の検証は全て行えていませんが、ちょっとブレイク
 (それでも、かなりホンモノに近づけたとは思っています)
 
このゲームシステムを利用して、コンピュータにテトリスをプレイさせてみようかと思いました。
AIシステム (って言える?) を作ってみます。
 
まずは、テトリスの動作のみのソース※(グラフィック画像無し)を利用して作りました。
 
 
 詳しくはこちらに書きました。
 
 
評価計算は基本的には減点法にしています。
一応、積みあがったブロックの高さ(平均)が高くなったら早く消すように係数は変化させています。逆に言えば少ない高さならばリーチを多くするようにしています。
 
とても効率的なブロックの積み方ではありませんが、25000個のブロックを落としましたが、ゲームオーバーにはなりませんでした。
 
01
 
一発で(初回で)このレベルならば、合格ではあるまいか。
 
もちろん、初回ならばの意味であり、およそ効率的な積み方とは思えません。
何しろ、25000余りのブロックを積んだのに、テトリス(4行消し)が、たったの149回しかありません。
 
ゲームオーバーを恐れ、積極的にテトリスを狙っていないのですね。
もうちょっと、評価関数の研究が必要だと思っています。
移植作にも、このAIシステムを実装してみます。
以下が完成動画
(音ずれしています。なぜだろ)
 
 
 
 
 
・・・・まだまだなAIシステムです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

明けまして早朝よりプログラミング開始!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 
この連休中の3日間(2,3,4日の早朝だけ)で、テトリスが作れるかチャレンジしてみましたよ。
きっと、あのレベルのゲームならば、基本的な動作ならば作れてしまえるのではないかと思ったのです。
 
なぜ、そんな「アホらしい」事をしたのか?
 
昨年末に(クルマの作業)写真を整理していて、パタパタと画像が切り替わるの見ていたら、”プレイバック!”
 
「そう云えば、”テトリス”って”全然関係無い背景”がパタパタと変わっていったなぁ」
・・・と思い出したのです。
 
そんな訳で、クルマの作業風景がバックで、テトリス・・ってのも面白そうではあるまいか
・・・とそう思ってしまったのです。
 
やはり、アホらしいですね。
良いのです。趣味なんてそんなモノですから。
 
目標である、最終日(1月4日、本日)にとりあえず、カタチになりました。
 
Ws001697
なお、テトリスも色々な機種で動作が違っているようですが、私が目指したのはアーケード
版(SEGA)テトリスです。
アーケード版もレベルアップに伴い、背景画像が変化していきます。
今回、私が作成したのも同様に背景が変わりますが、”AE85改86製作の写真”になっています。

レベルが上がるにつれ、(AE85改が)完成に近づいていきます。
レベル30で、AE85改の完成写真が見えるはずなのですが、私の腕では全く歯が立ちません。
 
テトリスは1990年にも作った事がありますが、あの時は、よく行く喫茶店に置いてあったので、それを記憶して「それっぽく(適当に)」作りました。
当時は、結構苦労して作ったんだけどなぁ。

現在では、動画サイトなんて便利なモノがあるので、それを見て「それっぽく(適当に)作りました。
 
ですので、まだまだ、「ゲームが出来るだけ」であり、アーケード版の動作とは違っています。
今後は、速度の調整だとか得点だとかを確認して、アーケード版と同じプレイ感覚を目指していきたいと思っています。
 
 
 
一応、現時点での動作(動画) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)